HOME > 一般歯科

一般歯科

保険診療について

『綺麗な歯にしたい』『白い歯にしたい』などの要望がなく、歯の治療を行う場合は保険の診療が適応できます。

対応治療

  • 虫歯や歯肉炎・歯周病、知覚過敏など、歯や歯の周りの病気
  • 入れ歯やブリッジなど、歯を失ったところに行う義歯の治療
  • 口の中の粘膜やあごの骨にできたできもの(腫瘍)や膿のふくろ(のう胞)
  • お口の周りのけが(唇が切れた、歯が折れた、あごの骨折など)
  • 顎関節症(あごの関節がポキポキ鳴る、口を開けると関節が痛いなど)
  • 口臭や口腔乾燥症など
  • 睡眠時無呼吸症候群の装置製作
  • その他お口の周りにできた疾患に幅広く対応しております。

虫歯

虫歯の治療は、進行度合いにより大きく変わります。

C0~C1 のイメージ
C0~C1

進行度合い
歯の表面(エナメル質)が溶けかけている、もしくは溶けて始めた状態です。

自覚症状
痛みなど自覚症状がないことが多く、定期検診しか発見するのが難しい状態です。

治療方法
CO(シーオー)ならブラッシング指導と経過観察、予防処置などになります。
C1なら1回で終わる虫歯の詰め物の治療となるのが普通です。

費用
保険治療も行えるために500円程度での治療も可能です。

C2 のイメージ
C2

進行度合い
歯の表面(エナメル質)を貫通し、その下の層(象牙質)にまで虫歯が進行してしまっているが、神経にまでは達していない状態です。

自覚症状
食事中に歯がしみるなどの軽い自覚症状が出現することが多いです。

治療方法
C1に比べると、虫歯が大きくなっていますので、プラスチックの詰め物では補えないほど大きな場合は金属の詰め物や被せものが必要になってきます。通常1~3回程度の通院回数となります。

費用
金属の詰め物(銀歯)などであれば、1,500円前後になりますが、審美性を追求した被せ物などをご希望の場合は保険外診療で20,000円~とその内容によって異なります。

C3 のイメージ
C3

進行度合い
歯の神経まで達している深い虫歯です。

自覚症状
食事中の痛みだけでなく、何もしなくても痛みがある場合はC3を疑います。この痛みを通り越してしまうと神経が完全に死んでしまい、自発痛はなくなってしまいます。(これは決して自然に治ったわけではなく、病気はあごの骨の中で成長する場合がありますので、痛くない大きな虫歯を放置することはお勧めできません。)

治療方法
麻酔を用いて、歯の神経の治療を行います。その後、通常はかぶせ物をかぶせます。治療回数は通常5回以上と長くなります。

費用
金属のかぶせ物(銀歯)などであれば、3,000円前後になりますが、審美性を追求した被せ物などをご希望の場合は保険外診療で50,000円~とその内容によって異なります。

C4 のイメージ
C4

進行度合い
虫歯で歯の頭が全て崩壊し、根だけになってしまった状態です。

自覚症状
通常歯の神経は死んでおり痛みはありませんが、歯の頭がないため咬めません。

治療方法
C3と同様の治療ができず、抜歯の適応となります。その後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療が必要になります。

費用
1本入れ歯であれば5,000円前後、ブリッジであれば10,000円前後になりますが、審美性や機能性を追求した義歯などをご希望の場合は保険外診療の種類によって異なります。

歯周病・歯肉炎

まずは次の症例写真をご覧になってみてください。
ご自分のお口にも心当たりはありませんか?

軽度歯周病
進行度合い 歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)にプラーク(歯垢)が溜まり、歯茎が炎症を起こしているが、歯を支えている骨にはほとんど影響を及ぼしていない状態。
自覚症状 ブラッシング時や硬い物を噛んだときに出血することがありますが、ほとんど自覚症状はありません。
治療費用 保険治療で3,000円前後です。
中度歯周病
進行度合い 炎症が歯茎の下まで進み、歯を支えている骨にまで及んだ状態です。
自覚症状 ブラッシング時の出血に加え、時々歯ぐきが腫れて痛んだりすることがあります。
治療費用 保険治療で5,000円前後です。
重度歯周病
進行度合い 歯茎が下がり、骨も半分以上溶けている状態で歯根が見えている状態です。
自覚症状 歯がぐらぐらして咬めない、歯ぐきから膿が出る
治療費用 保険治療で10,000円~です。

歯周病・歯肉炎について

歯周病・歯肉炎 のイメージ























歯肉炎や歯周病について分かりやすく説明してみます。上のシェーマを見ながら読んでみてください。
これらの病気は左の図のように歯と歯ぐきの境目にある溝に細菌が停滞することにより起こります。しかし、1日や2日停滞していたとしても発症するわけではありません。数週間、数ヶ月、数年と停滞期間が長くなることにより少しずつ進行していくのです。その間何か症状はあるかというと、歯磨きの時に血が出たり時々歯ぐきが腫れたりする程度で、虫歯のような耐え難い痛みは起こらないことがほとんどです。そして、右の図のような重症になって初めてその病気の存在に気づきます。歯ぐきから膿みが出たり、歯がグラグラして痛くてかめないといった具合です。そして、歯周病が厄介なところは、一度重症になってしまった歯を歯周病が発症する前の状態に戻すことが非常に困難だということです。保険治療ではほぼ不可能でしょう。そこがこの病気の怖いところです。だから、歯周病は予防が最も効果的な対策方法と言えます。
歯肉炎・歯周病の一番最初の治療、それは歯磨きをしなければいけないと思ってもらうこと、そして、実際に上手に歯磨きができるようになってもらうことです。そのためには、生活習慣を変えなければならない場合もあるでしょう。我々ができることは、そうなってもらうためのお手伝いをさせていただくことだけです。大切なことは、治療する側がいくら頑張っても、患者様自身の努力なしには絶対に良くならないということです。

初期症状は、歯ぐきから血が出る歯ぐきがズキズキするなどです。
一番の治療は予防であり、毎日のブラッシングが最も大切です。

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロス(糸ようじ)、タフトブラシ(毛束の小さいもの)など様々な清掃補助器具を、患者様それぞれのお口の状態に合わせてサイズ選びや使い方を指導させていただきます。
歯周病は成人が歯を失う大きな原因の一つです。ご自分の歯をできるだけ長く保っていけるよう一緒にケアしていきましょう。



予防歯科

予防歯科 のイメージ

予防歯科とは、お口の健康を維持していくことを目的としています。
「困ってからでないとなかなか通院する気にはならないよ~」という患者様の気持ちはよくわかります。けれど、前述のように自覚症状のない病気がたくさんあり、症状が出た時には手遅れ・・・なんてこともあり得るわけですから、早期発見・早期治療が実は一番通院回数の少なくてすむ方法だと思います。

小さなお子様であれば、虫歯が1本もない状態を作り、それを維持していくことを目標に、
成人であれば、歯周病治療終了後の歯茎の状態を維持することと新たな虫歯やその他の疾患の早期発見・治療が中心となります。がんの早期発見にもつながります。
毎日の歯ブラシなどセルフケアはもちろん大切ですが、上手にケアできる方でも多少は歯石がついてしまいますし、気づかない磨き残しがあるかもしれませんので、できれば年に2~3回程度、少なくとも1年に1回は定期検診を行い、専用器具での歯石の除去や歯の清掃、研磨などプロのケアをお勧めいたします。
お口の周り少しでも気になるところがございましたらお気軽にご相談ください。

その他

その他 のイメージ

虫歯ではないが冷たい水がしみる知覚過敏、その他様々な症状を保険で治すことは可能です。
お困りの方は、一度お気軽にご相談ください。

大きな地図で見る


所在地神奈川県横浜市
泉区和泉町3852
最寄駅横浜市営地下鉄
ブルーライン 立場駅
相鉄いずみ野線
いずみ中央駅より
徒歩7分
その他交通駐車場5台分完備
FAX045-802-2294
診療時間平日9:00~12:00
14:30~18:00
土曜9:00~14:00
受付時間平日8:30~18:00
土曜8:30~14:00
日曜第2週のみ9:00~14:00
休診日木曜日、祝日

お問い合わせ