HOME > 口腔外科

口腔外科

口腔外科ってなにするの?

口腔外科ってなにするの? のイメージ

私の専門は口腔外科です。口腔外科とは聞いたことはあるけれど、具体的にどんな病気を専門に扱っているところなのか、みなさんご存じでしょうか?
書いて字のごとく、口の中の外科を専門としておりますが、実は口の中だけでなく首から上に存在するかなり多くの病気を治療の対象としています。代表的な病気を例に挙げてみましょう。

親知らず周囲の痛みや腫れ

親知らず周囲の痛みや腫れ のイメージ

歯茎や顎の骨の中に埋まっている親知らずが原因で、隣の歯が虫歯や歯周病になったり周りの歯茎や頬が腫れて痛んだりすることがあります。
なかには顔の形が変わるほど腫れてしまい、入院しなければならなくなるケースもあります。
原因を根本的に治すためには親知らずを抜かなくてはなりません。
このような難しい抜歯も専門に行っています。

顎関節症

顎関節症 のイメージ

口を開け閉めすると顎がポキポキ、カクカクと鳴る人がいます。
また、音は鳴らないけど顎が痛くて口が開かないという人もいます。
どちらも顎関節症で、おそらく顎の関節にある軟骨のズレが原因ではないかなと想像します。
痛みがなく口を開けたりものを噛んだりできることを治療のゴールとし、治療法は運動療法を中心に、薬物療法、マウスピース治療、関節への注射などが挙げられます。

口の中のできもの

顎関節症 のイメージ

口の中は、よく見てみると正常な人でもでき物のような突起や斑点、ひだなどがたくさんあります。
そこに病気が混在することになります。
口の中のでき物で多く見られるのは、唾液腺が関与するものや膿の出口として腫れるもの、それから良性腫瘍と呼ばれるできものなどです。
これらはそれほど恐い病気ではありませんが、まれなケースとして悪性腫瘍、つまり癌の可能性もあります。
もしそうであったならば、一刻も早い検査と診断、そして治療が必要となります。

口のまわりのけが

顎関節症 のイメージ

転倒、スポーツ、交通事故、ケンカなどけがをする原因はたくさんあります。口腔外科を訪れるけがで多いのは、軽度なものでは唇や歯茎を切った、歯が欠けたなど、重度なものは顎の骨の骨折が挙げられます。受傷時に意識を失うようなケースでは、脳の精査も必要となります。いずれにしても、出血や機能障害を伴うことが多く、早期の診断、治療が必要となります。

このように口腔外科疾患は緊急性を伴ったり、時として命に関わることもあります。また、症状が出ないまま顎の骨の中で少しずつ大きくなっていく病気などもあります。少しでも心配なことがありましたらご相談下さい。日々の安心をご提供いたします。

大きな地図で見る


所在地神奈川県横浜市
泉区和泉町3852
最寄駅横浜市営地下鉄
ブルーライン 立場駅
相鉄いずみ野線
いずみ中央駅より
徒歩7分
その他交通駐車場5台分完備
FAX045-802-2294
診療時間平日9:00~12:00
14:30~18:00
土曜9:00~14:00
受付時間平日8:30~18:00
土曜8:30~14:00
日曜第2週のみ9:00~14:00
休診日木曜日、祝日

お問い合わせ