HOME > オールセラミック

オールセラミック

歯科用修復材料について

むし歯で歯を削った後、その部分を修復する方法には、インレー (詰めもの)とクラウン(かぶせ物)があります。
その修復材料には多くの種類があり、また日々新たな材料の開発が進められています。現在一般的に保険治療で使用されているものには金銀パラジウム合金(銀歯)や銀合金(乳歯の銀歯や金属の土台)、コンポジットレジン(プラスチック)があります。

金属は高い強度がありますが、歯とは全く異なる色であり審美性を損ないます。また、銀歯の維持力や耐久性を向上させるため虫歯でない部分まである程度余分に歯を削らなければなりません。金属が溶けだし、ひとによっては金属アレルギーを引き起こすこともあります。

コンポジットレジンは光重合型(初めは軟らかいペースト状ですが、強い光を与えることによって硬化する性質をもつ)が一般的です。何種類もの色調から歯に合った色を選択できるため金属に比べ高い審美性があり、また前述の性質から型取りを必要としないため基本的には1回で治療を終えることができます。維持は歯への接着力を利用しているため、銀歯のように余分に歯を削る必要もありません。しかし、金属に比べ強度が劣り、また長期経過で変色してしまいます。

そこで、保険外の材料として使用されているのがセラミックやハイブリッドセラミックスと呼ばれる材料です。

セラミックは天然の歯にとても近い色調や透明感までも出すことができる材料で、変色もほとんどありません。陶器のお皿を想像していただくと分かりやすいと思います。大変硬いですが、強い衝撃が加わると割れやすいといった性質があります。ハイブリッドセラミックスとは、セラミックに10~30%のレジン成分を混ぜ合わせた材料(製品によって含有率は異なります)で、その割合が大きいほど物性はプラスチックに近づくと言えます。

最近脚光を浴びるようになってきた材料としてジルコニアがあります。これは金属と同等の硬さを持つ材料で、当初は白い色しかありませんでしたが、現在では何種類かのカラーバリエーション程度は登場してきております。単体で使用することは色調の問題からまだ希ですが、セラミックと併用して使用することが一般的です。奥歯のかぶせ物でセラミック単体では強度に不安があるような場合、ジルコニアのキャップの上にセラミックを盛りつけることによりセラミックの割れやすいという弱点をカバーすることができます。

オールセラミックとは

オールセラミックとは のイメージ

虫歯で削ってしまった部分の修復治療には、インレー(詰めもの)と、クラウン(かぶせ物)があります。この時使用される材料には様々な種類があり、一般的に保険治療で使用されるものには金銀パラジウム合金や銀合金、コバルトクロム合金などの金属やコンポジットレジンと呼ばれるプラスチックがあります。
保険適用の金属は耐久性はありますが、金属であるがゆえに見た目にはよくなく、また金属が溶けだし、ひとによっては金属アレルギーを発症する場合があります。プラスチックは耐久性や変色などの問題があります。

オールセラミックとは、ある程度の強度を保ちつつ変色もしにくく高い審美性を兼ね備え、さらには金属アレルギーの心配もないといった材料です。金属を一切使用しないため光の透過性も良く、歯の透明度までをも再現し、より天然歯に近い歯を作ることが可能です。特に前歯の修復には最適な材料と言えるでしょう。

インレー(詰めもの)

ハイブリッドセラミックス \20000~

ハイブリッドセラミックス \20000~ のイメージ ○メリット
  • 色が歯に近いため審美性が高い
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
  • 硬すぎないため、周囲の歯を痛めにくい
×デメリット
  • 多少の変色が見られる
  • 擦り減りやすい

セラミック \40000~

セラミック \40000~ のイメージ ○メリット
  • 見た目がよく、変色も少ない
  • 口の中の汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
×デメリット
  • 割れやすい
  • 歯を削る量が比較的多い

ジルコニア \80000~

ジルコニア \80000~ のイメージ ○メリット
  • 見た目がよく、変色も少ない
  • かぶせ物に比べ歯を削る量が少なくて済む
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
  • 仮止めで様子を見ることができる(オールセラミック
×デメリット
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 本来の歯よりも硬いため、周りの歯に影響を与えることがある

ラミネートベニア(付け爪のように歯の表側にセラミックを貼り付けるもの)
\50000~

ラミネートベニア \50000~ のイメージ ○メリット
  • 見た目がよく、変色も少ない
  • かぶせ物に比べ歯を削る量が少なくて済む
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
×デメリット
  • オールセラミックに比べ外れやすく割れやすい

クラウン(かぶせ物)

ハイブリッドセラミックス(金属キャップの上にハイブリッドセラミックスを盛り足したかぶせ物)
\30000~

ハイブリッドセラミックス \30000~ のイメージ ○メリット
  • 色が歯に近いため審美性が高い
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
  • 裏側は通常金属が一部露出する
×デメリット
  • セラミック部分が割れることがある
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 本来の歯よりも硬いため、周りの歯に影響を与えることがある

セラミック(メタルボンド)(金属キャップの上にセラミックを盛り足したかぶせ物)
\80000~

セラミック(メタルボンド)\80000~ のイメージ ○メリット
  • 色が歯に近いため審美性が高い 
  • 中身が金属であり、強度が高い
×デメリット
  • 裏側は通常金属が一部露出する
  • セラミック部分が割れることがある
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 本来の歯よりも硬いため、周りの歯に影響を与えることがある
  • 将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目に金属色が見えることがある

オールセラミック(金属を一切使用せず全てセラミックでできたかぶせ物)
\100000~

オールセラミック \100000~ のイメージ ○メリット
  • 天然の歯に近い高い審美性を持ち、変色もほとんどない
  • 口の中の汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
×デメリット
  • メタルボンドやジルコニアに比べ強度が劣り、壊れやすい (奥歯には不安あり)
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 透明感はオールセラミックに比べ劣る(が、メタルボンドに比べ優れている)

ジルコニア(ジルコニアキャップの上にセラミックを盛り足したかぶせ物)
\130000~

ジルコニア \130000~ のイメージ ○メリット
  • オールセラミックに比べ強度が高く壊れにくい(奥歯にも使用可能)
  • 色が金属に比べ歯に近いため審美性が高い 
  • 金属でないので、溶けだしや金属アレルギーを起こさない
  • 歯の土台に金属を使用してある場合、土台となる金属が透けて見えにくい
  • 仮止めで様子を見ることができる(オールセラミック
×デメリット
  • 透明感はオールセラミックに比べ劣る(が、メタルボンドに比べ優れている)
  • 本来の歯よりも硬いため、周りの歯に影響を与えることがある。
  • 歯を削る量が比較的多い

コア(土台)

ファイバーコア(強化型グラスファイバーの芯をレジンで補強した歯の土台)
\15000~

ファイバーコア \15000~ のイメージ ○メリット
  • 色が歯に近いため審美性が高い(オールセラミックには最適の土台)
  • 歯に近い硬さを持ち、歯根が割れる可能性が低くなる(歯に優しい土台)
  • 再施術が必要になった際の除去が比較的容易
×デメリット
  • 歯の状態によっては使用できない場合がある

大きな地図で見る


所在地神奈川県横浜市
泉区和泉町3852
最寄駅横浜市営地下鉄
ブルーライン 立場駅
相鉄いずみ野線
いずみ中央駅より
徒歩7分
その他交通駐車場5台分完備
FAX045-802-2294
診療時間平日9:00~12:00
14:30~18:00
土曜9:00~14:00
受付時間平日8:30~18:00
土曜8:30~14:00
日曜第2週のみ9:00~14:00
休診日木曜日、祝日

お問い合わせ