むし歯

HOME > むし歯

むし歯とは、ミュータンス菌などのむし歯菌によって歯が溶かされる病気です。はじめのうちは痛みませんが、徐々に痛みが出てきて、最終的には神経にまで達してしまいます。そのため、早期発見・早期治療が大切です。

むし歯になる原因

むし歯は歯磨き時の磨き残しが一番の原因です。そのため当院では、むし歯のある患者様については痛みがなく緊急性がなければ、治療より先にブラッシングの指導をさせていただきます。

歯磨きをせずに長時間食べ物を食べていることが多い方には、歯磨き時間についてのアドバイスや、歯ブラシとともに使用する歯間ブラシ・フロスなどの紹介をさせていただいております。

むし歯の症状と当院での治療方法

むし歯は、症状の進行度合いによってC0~C4の5段階に分かれます。

C0

症状 歯の表面の色が白濁している程度で、痛みなどの自覚症状はありませんが、経過観察が必要です。
治療法 この段階ではまだ特別な治療は必要ありません。正しい歯磨き方法の指導やフッ素の塗布で改善していきます。

C1

症状 ごく初期のむし歯です。歯の表面のエナメル質が溶かされて小さな穴が開き、茶色や黒っぽい色に変色してしまった状態です。
治療法 むし歯の部分を削り、コンポジットレジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2

症状 むし歯が歯のエナメル質の下層にある象牙質まで達した状態です。この段階になると、「歯がしみる・痛い」といった自覚症状が現れます。
治療法 むし歯の部分を削り、コンポジットレジン(歯科用プラスチック)や部分的な銀歯を詰めます。むし歯の範囲が広ければ被せ物をします。

C3

症状 歯に大きな穴が開いて、神経にまで達している状態です。何もしなくてもズキズキ痛む、歯がしみるなどの症状が現れます。
治療法 むし歯の部分を削ったあと、マイクロスコープを使用しながら、歯の神経を取ってきれいな薬を詰める「根管治療」を行ないます。

C4

症状 むし歯がさらに進行し、歯冠が崩壊して短い歯の根っこだけになっている状態です。
治療法 保存的な治療は困難なため、抜歯を行います。

当院では根管治療にも力を入れております

当院では、最新の治療機器であるマイクロスコープを導入し、歯の根っこの治療である「根管治療」にも力を入れております。マイクロスコープを使用すると、歯の神経が入っている管の中の状態がよく見えるので、管の中に残っている削りかす等の感染源を徹底的に取り除くことで根の病気の再発を防止することができます。

根管治療後の注意点

根管治療を行なうと、根っこの周りに炎症が起き、叩くと響くような痛みが出ることがあります。その場合は、固い食べ物を避けるなどの配慮が必要です。