その他

HOME > その他

当院での被せ物を使った治療

被せ物とは、むし歯の範囲が広く、詰め物では修復しきれない場合に、歯冠全体を被覆する修復物のことを指します。

当院で使用している被せ物の種類

被せ物には、保険診療内でできるものと、自費診療となるものの2種類があります。

保険診療内でできる被せ物

金銀パラジウム合金(一般的な全部銀歯)・銀合金(乳歯の全部銀歯)

メリット

  • 強度が高い

デメリット

  • 見た目が良くない
  • むし歯でない部分まである程度余分に歯を削らなければならない場合がある
  • 金属が溶け出して、歯や歯ぐきを変色させたり、金属アレルギーを引き起こす場合がある
レジン前装金属冠(金属冠の前方のみプラスチックで被覆した被せ物)(前歯のみ保険適応あり)

メリット

  • 数種類の平均的な色から自分の歯に近い色を選択できる

デメリット

  • プラスチックが金属から剥がれることがある
  • 時間が経つと変色する
CAD/CAM冠(プラスチックとセラミックの合材でできた被せ物)(小臼歯のみ保険適応あり)

メリット

  • 数種類の平均的な色から自分の歯に近い色を選択できる
  • レジンに比べ変色しにくい

デメリット

  • セラミックやジルコニアに比べ耐久性に劣る
  • 時間が経つとわずかに変色する

自費診療でできる被せ物

オールセラミック

メリット

  • 天然の歯に近い高い審美性を持ち、変色もほとんどない
  • 口の中の汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属アレルギーを起こさない
  • 摩耗しにくい

デメリット

  • 脆い性質があり、割れることがある(奥歯には不安あり)
  • 歯を削る量が比較的多い
フルジルコニア

メリット

  • 金属と同等の強度があり壊れる心配がほとんどない(奥歯にも使用可能)
  • 金属に比べ見た目が良い
  • 金属アレルギーを起こさない
  • 歯の土台に金属を使用した場合でも、土台となる金属が透けて見えにくい

デメリット

  • 透明感はオールセラミックに比べて劣る
  • 本来の歯よりも硬いため、周りの歯に影響を与えることがある。
  • 歯を削る量が比較的多い
ジルコボンドセラミック(ジルコニア冠の上のセラミックを被覆した被せ物)

メリット

  • 難しい天然歯の色に合わせることもでき、審美性が高い
  • 金属アレルギーを起こさない
  • 歯の土台に金属を使用した場合でも、土台となる金属が透けて見えにくい

デメリット

  • ジルコニアとセラミックが剥がれることがある
  • 歯を削る量が比較的多い

治療期間

だいたい1週間~2週間で仕上げることができます。
形や色合わせなどが難しい場合は、ひと月以上かかることもあります。

保証期間

当院では、被せ物については、「良いものをできるだけ安く、長く使っていただく」をポリシーとしております。
そのため、お口に入れた被せ物をいつまでも安心して使っていただけるよう、無料で手直しができる保証期間(1年・3年・5年)を設けております。

また、無料保証期間終了後についても、永久的に50%オフで保証を継続させていただきます。(ただし、当院の定期的なメンテナンスに応じていただけている患者様のみ対象とさせていただきます。)被せ物に不具合などがございましたら、遠慮なくご相談ください。

当院でのホワイトニング治療

ホワイトニングとは、薬剤(過酸化尿素)を使って歯自体の光の透過性を変化させ、白い歯にすることです。当院では、自費診療のホームホワイトニングのみを取り扱っております。

当院での治療方法

当院では、ウルトラデント社の「オパールエッセンス」という製品を使用しております。
ご自宅にいる時間に、薬剤を専用のトレーに入れて、2時間ほど歯に装着していただきます。12日間でひとつのサイクルとなります。

むし歯がある場合は、ホワイトニングよりも先にむし歯治療を行ないますのでご了承ください。

ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

  • 自宅で好きな時間に手軽に歯を白くすることができる
  • 歯を痛めることがない
  • 繰り返しできる
  • 歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べ安価

デメリット

  • 一時的に知覚過敏症状が出る場合がある
  • 後戻りすることがある
  • 人工歯にはできない
  • オフィスホワイトニングに比べ時間がかかる

以下に当てはまる方はご遠慮ください

むし歯やくさび状欠損歯、ひびの入った歯、強い知覚過敏症がある方
重度の歯周病がある方
無カタラーゼ症(過酸化水素を分解する酵素が先天的に欠如している)の方
妊娠中、授乳中の方
19歳以下の方
エチレン酢酸ビニルアレルギー(マウスピースの材質に対するアレルギー)のある方